ろ過エレメントの目開きが最小50ミクロンまで選定可能。
目詰まりしたエレメントは大気開放にて、付属の高圧水噴射
により完全除去
高い浮遊物濃度にも対応可能。
抜群の洗浄効果により、白水などの繊維の絡み付きや
粘着物にも強く、長期メンテナンス不要。
0.1Mpa 以下の低圧ラインにも使用可能
洗浄中の処理水側への圧力の変動なし。
   
   
旭機械製作所は長年にわたり、河川、湖水、海水の取水、二次処理水の再利用といった用途での
ストレーナの自動化に取り組んできました。ここで紹介させていただきます製品は、すでに
4,500台以上の納入実績をもちます「従来型オートストレーナ」の技術をふまえ、より困難で
シビアな用途
においても自動化を実現すべく、開発しました新時代のオートストレーナです。
 
 
@ ろ過中のエレメントシリンダーロッドにより、エレメント座にセットされます。
A 原水はこのエレメント下部より内側に入りエレメントのスリットを通り抜けて上部クリーン側に流れて行きます。
 
B この時、エレメントのスリットより大きな浮遊物は内側に捕獲されて行きます
   
@ エレメントの目詰まりが一定限度を超えると、圧力センサーが感知し、ろ過工程から洗浄工程へと自動的に切り替わります。
A まず、ろ過筒の上下にある出入り口をバルブまたはノズルにて閉じます。次に下部の排出バルブ弁を開き、ろ過筒内に残った水をすべて排出します。このときエレメント内は大気開放状態になります。
 
B シリンダーロッドによってエレメントがゆっくりと上昇を開始。同時に外スプレーノズルから高圧水が噴射され、エレメント外面を洗浄。スリットを突き抜けてエレメント捕獲物を完全に吹き飛ばします。
   
C エレメントは上昇しきると、下降に切り替わります。同時に外スプレーは停止し、内スプレーノズルから高圧水を噴射。ゆっくり下降してくるエレメントを内側から洗浄します。
 
 
圧力センサーによる自動高圧噴射でエレメントの洗浄効果がさらにアップ
   
  クリックすると大きな画像をご覧いただけます。  クリックすると大きな画像をご覧いただけます。  
    
   
   
FAXお問い合わせのシートのダウンロード